デジタルネイティブ世代にとってエンターテインメントとは?TikTokがカンヌのメインステージに登場!

/ セミナー /

2019年6月に行われた「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2019」にて、TikTokがメインステージ講演を行いました!

テーマは「#nofilter – The Activists Disrupting Entertainment」。TikTokで活躍するトップクリエイターのAnna O‘Brienさん(http://vt.tiktok.com/JDswoQ/)、Andrea Okekeさん(http://vt.tiktok.com/JDgkfG/)らが、デジタルネイティブ世代が台頭するソーシャルメディア上で、どのようなブランドがエンターテインメントの新しい形を受け入れられるのかを議論しました。

 

▲左からAndrea Okekeさん、Anna O‘Brienさん

TikTokでは型にはまることなく、”等身大の自分”を表現しているAndrea OkekeさんとAnna O‘Brienさん。熱のこもったトークセッションを聞いたことで、二人の主張に共感する人の声が多く上がっていました。

 

 

今回TikTokは、2年足らずでグローバル規模でのショートムービープラットフォームへと成長し、ショートムービーという新たな領域でエンターテインメント・クリエイティブ・マーケティングを切り開いたことが評価され、カンヌライオンズ2019という世界の舞台で講演する機会をいただきました。

実は本セッションが行われた6/21(金)は、カンヌライオンズ全体的にセミナーへの出席者が少ない日だったのですが、なんと1,100名もの方々にご来場いただけました!ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

CLXブースでTikTokラウンドテーブルセッションも実施

 

 

Anna O‘BrienさんとAndrea Okekeさんは、別会場で行われていた「CLX(Connect, Learn, Experience)ブース」の方にも登場!CLXブースでは、「TikTokが成功する理由」と「誰もがクリエイターになれる!UGCパワーを分析」の2本立てで、各国のTikTokのマーケティング責任者が集まり、予約者限定のラウンドテーブルセッションを行いました。

 

▲鈴木瑛(Head of X Design Center, Japan)

 

▲Inam Mahmood(Director of Revenue Partnerships, EU)

 

▲Blake Chandlee(Vice President, Global Business Solutions)

 

▲Corinna Chen(General Manager, Global Business Solutions)

 

参加いただいた方にはデジタルネイティブ世代のインサイト、行動特性などの知見を共有しとても好評をいただきました。

 

TikTokのプロモーションについてより詳しく知りたい方へ

 

世界各国からブランド・エージェンシー・メディアが一同に集結したカンヌライオンズ2019。TikTokで人気のクリエイターがどのように動画をつくっているのか、そしてどのようなエンターテインメントを求めているのかを理解できると、企業・ブランドに寄与できるTikTokプロモーションを考える近道になるはずです。

「TikTokは気になっているが、自社ブランド・商品にどう活かしたらいいのかイメージが湧かない」、「どうしたらTikTokユーザーにアプローチできるの?」といったお悩みをお持ちの方や、本記事をご覧になってTikTokに興味を持たれた方は、ぜひ本ブログの専用フォームからお問い合わせください。TikTok担当営業へのご相談もお待ちしています!