大人気の莉子さん・mamさん メイベリン ニューヨークのイベントでTikTok撮影講座を実施

都内のメイベリンハウスで行われた、メイベリン ニューヨークとLAGUA GEMのコラボイベントにTikTokで何万人ものファンを抱えるモデルの莉子さんとmamさんが登場!スペシャルトークセッションを行いました。

莉子さん・mamさんが登壇

 

 

2019年6月13日(木)に行われたメイベリン ニューヨークのリップ「SPステイ マットインク」の新色発表会に、モデルのインフルエンサーである莉子さんとmamさんが登場!

いつ「Tiktok」をはじめた?

莉子さん:一年半はやってますね。周りの友達の中でも結構始めるのは早かったです。

mamさん:私は一年くらい前から始めました。最初の方は、ちょっとずつ動画を撮って投稿してましたね。

2人が感じる、「TikTok」と他のSNSとのちがいは?

 

 

mamさん:私にとってInstagramやTwitterはファッションや日常について投稿するSNS。TikTokは、自分のクリエイティブなところを見せる場だと感じています。

莉子さん:私は、TikTokって素の自分でいられるSNSだと思うんです。いつもの元気な私を好きなだけ見せることができる場所です。

「TikTok」にハマった理由

 

 

(2人同時に):投稿のしやすさ!

mamさん:あまり自分で内容を考えなくても他の人の投稿を真似しながら投稿できるところもハマった理由ですね。単純に楽しいんです。

莉子さん:大人数の友達といる時でもすぐ撮影できるし、撮影と編集のしやすさはTikTokの魅力ですよね。

「TikTok」で作った動画を拡散するコツは?

mamさん:みんながたくさんやってるハッシュタグチャレンジ動画を選んで、自分でも動画を作ってみるといいと思います!そうするとたくさんの人に見てもらいやすくなりますよ。

莉子さん・mamさんがTikTokの撮り方のコツを披露!

 

今日の「SPステイ マットインク」のイベントにちなんで、いつもお2人がコスメを撮影する様子を再現してみてください!

 

 

莉子さん:リップとかは顔の横に持ってきて撮ることが多いですね。ちなみに自然光で撮るのがオススメ!

mamさん:私はスマホ持って正面からの角度で撮るのが多いですね!このリップ、すごく映えますね!

莉子さん:いっぱいカラーバリエーションがあるので、「#リップチャレンジ」ができそう。

※手で顔を遮った瞬間にリップが色んなカラーに変わる様子を撮影した人気ハッシュタグチャレンジ。

今日はTikTok撮影用のブースをいくつか用意していますが、どうしたら映える動画をとれますか?

 

 

mamさん:私は場面の切り替えをよくやっていて、場面が変わるときに横にスライドさせたり手で顔を隠したりエフェクトを効かせるようにする。トランジション。色んな背景で撮った動画を組み合わせて撮影してみてください!

莉子さん:私はトランジション(場面の切り替え)が得意な方じゃないんですが、手を使えば簡単にできることがわかりました!私も場面で切り替えて動画を作ることが多いです。

「SPステイ マットインク」の魅力を改めて教えてください。

 

 

mam:動画とる時にメイクの発色は気なるところ。このリップはすごくTikTok映えするので嬉しいです!

莉子さん:私はちょっとしたときにTikTokを撮ることが多いのですが、このリップなら時間をかけなくても瞬間的に可愛くなれるからおすすめです。マット系で色もたくさんあるので、TikTokの場面と合わせてリップを変えるといいと思いますよ!

スペシャル撮影ブースも大盛況!

 

 

今回のイベントでは、初心者でも確実に可愛くTikTokを撮影できるスペシャルな撮影ブースを用意!トークセッションで学んだコツを早速試している方も多く、どこの撮影ブースも大盛況でした。

 

 

もちろん、撮影の時に使える可愛いドリンクやスイーツもご用意!

 

TikTokとのコラボイベントのお問い合わせ

TikTokでは、このようにTikTokで人気のインフルエンサーによる撮影手法の紹介やトークセッションのご依頼も承っています!ご興味がある方は、本ブログのお問い合わせフォームからぜひご連絡ください!