99%の精度で手の動きを感知!「TikTok」の最新スタンプをご紹介

/ スタンプ /

「TikTok」をユーザーが楽しむ時の大事な要素の一つである、スタンプ。
TikTokでは機械学習アルゴリズムを使ったスタンプを公開しています。この記事ではTikTokが誇るスタンプの高い技術力や2019年4月のTikTokスタンプランキングについてご紹介します。

精度の高さに定評あり。「TikTok」スタンプの秘密

自分の顔や背景に使えるスタンプは、ユーザーがTikTokで動画を撮影する際に欠かせないアイテムです。

このスタンプには「高精度な顔認証」、「動作認証」、「美肌効果」、「3Dスタンプ技術」という4つのテクノロジーが応用されています。

高精度な顔認証

TikTokの顔認証技術では顔の200箇所以上のポイントを検出。ユーザーによって大きく異なる頭頂部、目、鼻、口、頬、眉、髪などの位置を認証しています。

動作認証

TikTokでは、顔のパーツの位置を認証するだけでなく、顔や体の動作も的確に認証しています。口を開く・眉を動かす・うなずくなど顔と体の動作を認識し、スタンプと連動させているのです。

美肌効果

機械学習アルゴリズムにより、撮影対象を最も魅力的に映す美肌効果を瞬時に適用。透明感があり血色の良い健康的な肌に見せる技術は、ユーザーの撮影モチベーションアップには欠かせません。

3Dスタンプ技術

3Dスタンプは、撮影する動画にリアルさをプラスしてくれるアイテム。TikTokでは顔や手の動きに反応するタイプの3Dスタンプがあり、2Dスタンプと比べてよりリアルな演出ができます。

2019年4月のスタンプランキング

ここからは、TikTokの人気スタンプを、2019年4月のTikTokスタンプランキングからご紹介します。

1位:ポーズシャッター

画像認識機能により、ポーズと同時にシャッターが切られ動画撮影中に写真が撮られるという新しい体験が人気に。「ピース」、「親指と人差し指で丸を作るOKポーズ」、「親指と人差し指でハートの形を作る」の3つの動作を行うたびにシャッターが切られ写真が撮影されます。

「#アイドルシャッター」をつけた動画の総視聴回数は約1億8000万回にものぼりました。

2位:プラマイ50kg

頬が膨らんで目が少し細くなり、まるで50kg太ったかのような顔に変身するスタンプが2位にランクイン。「#プラマイ50kg」をつけた動画の総視聴回数は約1億3000万回に。

3位:ぎゅっとハート桜変身

撮影がスタートすると目が腫れぼったくなり、そばかす顔に。その後、親指と人差し指でハートを作ると桜の花びらと蝶が画面上に現れ一瞬で美人に大変身します。

ランキング2位の「プラマイ50kg」でも分かるように、変身系のスタンプは15秒間の動画の中でも起承転結が作りやすいため、人気が出やすい傾向があります。

スタンプに隠された高い技術

「アイドルシャッター」のように手の動きを起点に作動するタイプのスタンプは、手首から指先までを21の点で手を記録し19種類の動作を認証する先進技術が使われています。

その精度は、なんと99%。

この精度の高さが、様々なフィルターやレンズへの応用を可能にしているのです。

スタンプはユーザーとブランドを繋げる有効なツール

ブランド独自のスタンプを開発しユーザーに提供する広告メニューは、ブランドとユーザーを繋げる有効な手段です。

TikTokを使ったマーケティングにご興味のある広告主様はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

また、TikTokを含む統合的なマーケティングコミュニケーションの企画・制作を行う「X Design Center」では、ユーザーインサイトやトレンドを日々分析。ブランドの特色やメッセージを伝えながらも、実際にユーザーが楽しみながら使うことができるスタンプをご提案します。