【発見!TikTokクリエイターVol.3】真似したくなるテク満載!ファッション&メイク

/ クリエイター /

初心者にも簡単な操作方法とわかりやすいUIで、ユーザー誰もがクリエイターになれるTikTok(ティックトック)。

フォロワー数や知名度の高いインフルエンサーでなくても、コンテンツ次第で一夜にして拡散する可能性を秘めています。そんな中でも現在人気沸騰中のイチオシクリエイターをインタビュー!

本記事は、気になる動画制作の裏側や彼らの知られざる一面を深堀りして紹介する連載企画です。

第3回目は、真似したくなるファッションコーディネートや、すぐに役立つメイクのHow toが人気のクリエイター、ちゃきさん、FUKOさん、yuumiさんのお三人。


個性が際立つスタイリング!古着着回しクリエイター「ちゃき」さん

<プロフィール>
アパレルのショップスタッフ。
ファッションに興味を持ち始めた中高生から、大人の普段使いまで、誰もが真似しやすい着回しを提案。個性的な古着と定番アイテムをミックスしたコーディネートが人気。
http://vt.tiktok.com/d17kR8/

ーーTikTokを使い始めたきっかけを教えてください。

TikTokを始めたのは今年の7月の終わりごろ。普段はアパレルのショップスタッフとして働いていますが、お客様から「TikTokやらないの?」と言われて興味を持ちました。最初は興味本位だったけど、今はすっかりハマってます。

お店のお客様の年代は、中学生から20代前半ぐらい。中心となっているのは高校生や専門学校生の洋服やメイクが好きな人です。彼女たちから「TikTokでコーディネートやメイクの動画をアップして!」と言われたのがきっかけで、それまでは他のSNSでファッションの写真をアップしていたけど、TikTokでもファッションで関連づければたくさんの人に見てもらえるかなと思いました。

ーーTikTokを使い始めてどう感じましたか?

静止画でのSNS投稿だと服がメインになるので顔を隠したり、同じポーズで止まっているものだったりで、動いている私が記録として残せないんですよね。

それがTikTokだと、親しみのある音楽と興味のあるファッションがコラボできて、それを動いている私として残せるところがいい。TikTok上でも「この曲で合わせてくれたんだ!嬉しい!」というコメントがあったり。TikTokは動画だから、どんなふうに重ね着しているとか、細かな部分は動きを付けながら伝えられるのがいいですね。

ーー投稿するネタはどうやって考えていますか?

お客様からのリクエストにお答えすることが多いですね。それに流行っている人気の曲を合わせます。

「ユニクロの黒いシャツの着回しが見たいです。」というリクエストは結構ありました。

リクエストに答えた投稿には、お客様から「ありがとうございます」というコメントが入ったり、私の働くショップにわざわざ足を運んでくれて「動画を参考にして、こんな感じで着てます。」と着こなしを見せてくれるということもありました。

ーー動画作りで気をつけているポイントを教えてください。

出来るだけファッションとメイクを交互に載せるように心がけています。

ファッションは着回しの紹介がメインですが、誰もが取り入れやすいアイテムをベースに、古着の派手系をミックスさせるコーディネートにしています。真似しやすい親近感に「私もこんな感じになりたい!」という憧れをプラスして、ひとつの動画として仕上げています。

私のような普通の人から「こんな私が、こんな服を着て、毎日を楽しんでいるよ。」というメッセージを発信することで、ファッションに興味はあるけど「まあ、これでいいか。」で過ごしている人たちがちょっとでも挑戦する勇気を出してくれたらと思いながら作っています。

ーーバズる動画づくりのコツがあれば教えてください。

見てくれている人たちが身近に感じるアイテムを使うのが良いと思います。

古着だけの着回しを載せた時は「こういう服があるんだ」という一歩引いた位置からしか見てくれなかったけど、古着に、誰もが持っているようなデニムやライダースのジャケットをプラスしたコーディネートを見せると、いろんな人が見てくれました。

ーーこれから作ってみたい動画を教えてください。可能であれば得意なジャンル(業界や商材)に絡めて教えてください。

ファッションだったら、仮にベースが可愛らしいアイテムだったとして、そこにテイストの違うアイテムを加えてカッコいいコーディネートに仕上げるとか、一枚の洋服でどれだけの着まわしができるのかとか、そういった動画を発信したいです。

GUとかユニクロとか、いろんな方が着ているアイテムもいいですね。

例えばユニクロの黒い半袖シャツをコーディネートした時のように、スカートで合わせたり、パンツで合わせたり、長袖と重ね着してオールシーズン使えることを伝えたら買いたくなるのかなと思います。


プチプラから注目アイテムまで!コスメ系クリエイター「FUKO」さん

<プロフィール>
普段は美容メディアに勤務。フリーランスでヘアメイクとしても活動している。
プチプラコスメや韓国コスメを音声付きで解説したり、メイクやヘアアレンジのHow to 動画が人気。
http://vt.tiktok.com/d1bbcA/

ーーTikTokを使い始めたきっかけを教えてください。

昨年12月に使い始めましたが、きっかけは勤務している美容メディアでTikTokを使おうということになって、まずは個人アカウントで投稿しながら勉強しようと思いました。

現在は勤務先のアカウントと個人アカウントの両方を運用しています。

それから、フリーランスでヘアメイクをしているので、それも投稿したいなと。

おしゃれな雰囲気を作って写真を撮るのがちょっと苦手なので、自分がしゃべって動画を撮ったり編集する方が向いているなと思いました。

TikTokは撮影も編集も簡単。ある程度頭の中で動画の構成を作ってから撮影しますが、カウントダウン機能を使いながら決まった秒数を撮っています。アイメイクの動画ぐらいなら一発撮りできます。

ーー投稿するネタはどうやって考えていますか?

見てくれている人は98%ぐらい女性で、韓国が好きな学生がメイン。あとはコスメが好きな20代、たまに主婦の方がいます。

学生が多いので、高価な商品よりもなるべく価格が安いものを選ぶようにしています。私は韓国が好きなので韓国コスメも。

あとは、使ってみて質感が特徴的だったり面白かったりしたものを紹介したり、メイクやヘアアレンジのHow toは初心者でもわかりやすいように作っています。

ネタを探すのも大変なので、いただいたコメントにお応えする形でネタを投稿することもあります。例えば、以前リップを紹介したら、「秋に使うリップのことを教えてください。」というコメントがあったのでそれに応えるような投稿をしました。

エチュードハウスとイニスフリーは店舗数が多いし人気なので、「何を買ったらいいですか?」とか「友達にプレゼントするには?」といった質問が結構あります。そういう時は5種類ぐらいのアイテムを1本の動画にしたりしています。

ーーバズる動画づくりのコツがあれば教えてください。

今年の2月に、「薬用リップと普通の口紅を溶かして色付きリップを作る」という動画が想像以上にバズりました。こういうちょっと突拍子もないものは反応が良いですね。

最近では、クッションファンデの使い方、塗り方、少なくなった時の裏技がかなり伸びました。こういったHow to 動画が伸びるポイントは、クッションファンデのように日本にはまだ情報が少なすぎるアイテムで、How to 動画が多くないものを選ぶこと。クッションファンデはおそらく、皆さんどう使うのかわからないままなんとなく使っていた人が多かったんでしょうね。

それから、私は4月ごろから声入りの動画にしているんですが、もし抵抗なければ声入りの方がおすすめです。声は人柄が伝わるし、覚えてもらいやすいです。音楽に頼ってしまうと他の動画との差別化が図れないので、自分の個性を出すには声を入れる方が良いです。

ーーこれから作ってみたい動画を教えてください。可能であれば得意なジャンル(業界や商材)に絡めて教えてください。

コスメだと韓国コスメ、エチュードハウス。
最近はデパートコスメのリクエストが多いので、シャネルやTOM FORD BEAUTY(トム フォード ビューティー)のようなブランドのコスメも挑戦したいです。

ヘアメイクが得意ですが、まだあまりヘアアレンジの動画が出せていないので、動画1本に3種類ぐらいのセルフヘアアレンジのHow to 動画を作っていきたいです。

それから、私は美容と同じくらいファッションが好きで洋服もたくさん持っているのでファッション系も。着回しというよりは価格の安いアイテムを上手にコーディネートして見せたり、古着屋で洋服を探しているところから動画にしてもいいかなと思っています。


キレイめコーデのお手本!オトナ女子ファッションクリエイター「yuumi」さん

<プロフィール>
元銀行員で現在はママ読者モデル。
プチプラのファッションアイテムを、オトナ女子向けにコーディネートした着回しが人気。
https://www.tiktok.com/@31234094409yum?enter_from=h5_t

ーーTikTokを使い始めたきっかけを教えてください。

去年の10月ごろに使い始めましたが、当時、周りにもちらほら使い始める人が増えて話題になっていたので、私も気になって始めました。

どうせやるからには、自分の好きなジャンルだとやる気も出るし続くので、ファッションにしました。普段からプチプラの洋服が好きで着回しているので、プチプラでもこういうふうに着回せるということを発信すれば反応がいいかなと。

ーー投稿するネタはどうやって考えていますか?

ファッション系のタグを見て、どういうものが流行っているのかを調べたりしています。
季節感は意識していて、例えば秋になるとショップにアウターが並び始めて、みんながアウターを探し始めている時期かなと思うので、アウターを活用した着回しを出します。春で暖かくなったらノースリーブとかワンピースとか、季節に合わせて需要があるものを取り入れるよう意識しています。

それから、コメントで着回しのリクエストをいただくことがあるので、それも動画作りのヒントになりますね。ジャケットにスカートを組み合わせている動画に「そのジャケットはスカート以外に何と組み合わせたらいいですか?」というようなコメントが入ると、皆さんが知りたいことや見たいものがどういったことなのかが分かりますね。

ーー動画作りで気をつけているポイントを教えてください。

ファッションの投稿は、「全身」と「寄り」の両方を入れるようにしています。

最初に全体像を映して、靴とバッグはどういうものを合わせているかを見せて、寄りのカットで洋服の色や生地感が分かりやすいようにします。

静止画は一部だけを切り取れるから雰囲気を作れたり、演出できる部分もありますが、現実味は薄くなりますよね。そうなると、誰が着てもこういう雰囲気になるのかなと不安に思ってしまう。

TikTokは動画なので、洋服の生地感が立体的に伝えられるし、歩くとこんなふうにスカートが揺れるとか、自然光だとこんなニュアンスになるとか、よりリアルに伝えられるので自分が着るとどうなるのかイメージが湧きやすいんです。だから私は、外で歩きながら撮影しています。

ーーバズる動画づくりのコツがあれば教えてください。

ファッション系だと着回しは反応が良いと思います。TikTokらしい動画の作り方で言うと、リズムに合わせてテンポよくファッションチェンジすると再生回数が伸びますね。1回目はテンポが良いので、見て楽しんでもらい、2回目以降は「この洋服はどこのブランドなんだろう」と洋服をじっくり見てもらうという仕掛けです。

取り扱うアイテムは、ちょっと先取りがいいかな。

コスメだったら新商品とか、自分が気になっていてまだ使ったことがないものとか。

洋服でも夏の終わりに秋のアウターを出してみるとか、ちょっと先取りしたアイテムを取り入れて、テンポのいい動画を作れば気になってもらえると思います。

「意外性」も重要ですね。

オトナ女子がプチプラのファッションアイテムを使ってキレイめコーデをするとか、そういう意外性を持たせて差別化を図っていきたいですね。

ーーこれから作ってみたい動画を教えてください。可能であれば得意なジャンル(業界や商材)に絡めて教えてください。

ユニクロ、GUなど誰でも気軽に買えるブランドやプチプラ系ブランド、ウェブで買う人も多いので、fifth(フィフス)、titivate(ティティベイト)などウェブで人気の出ているブランドですね。

例えばGUをそのまま着るのはアラサーぐらいになると少し抵抗がありますが、GUの高見え着回しコーデを提案することで、オトナ女子でもGUでキレイめにできるということを伝えたいです。

TikTokでは多彩な動画クリエイターたちが活躍中

今回はTikTokで多くのフォロワーからの共感を得て活躍するクリエイターをご紹介しました。

様々なジャンルに特化した動画クリエイターたちが、自身のスキルと投稿に対するエンゲージメントの向上を常に考えながら、多くのユーザーに動画を日々届けています。

TikTokでは、企業やブランドの課題を解決するために、動画クリエイターを起用したキャンペーンも企画しており、多くの事例実績を持っています。

TikTokでのプロモーションにご興味がある方は、本ブログのお問い合わせフォームからぜひお気軽にご相談ください!