ショートムービープラットフォーム「TikTok」と動画広告プラットフォーム「AJA VISION NETWORK」が連携!「TikTok」への動画広告配信が可能に

/ メニュー /

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、株式会社サイバーエージェント連結子会社の株式会社AJAが運営する動画広告配信プラットフォーム「AJA VISION NETWORK」と連携しました。

「AJA VISION NETWORK」とは

「AJA VISION NETWORK」は、動画広告に特化した広告配信プラットフォームです。

インターネットテレビ局「AbemaTV」をはじめとした国内のプレミアム動画サービスの広告枠の買い付けに加えて、サイバーエージェントが運営するメディアに蓄積された独自のデータを活用したターゲティング配信を特長としており、ブランディングや認知拡大を目的とする多くのブランド広告主が利用しています。

デジタルネイティブ層へのリーチを狙う新動画広告サービス「Youth Full Vision」を提供開始

今回の「TikTok」と「AJA VISION NETWORK」の連携に伴い、「AbemaTV」と「TikTok」を配信対象としたデジタルネイティブ層へのマーケティングに特化した動画広告サービス「Youth Full Vision」を開発しました。

「Youth Full Vision」は、音声ありでの自動再生とフルスクリーン訴求による高い視認性と優れた訴求力を最大の特長としており、メディアを跨いだ横断的な広告配信によって、リーチやフリークエンシーの最適化および広告効果の最大化を図ることができます。

広告主企業はテレビCMの補完的な役割として本ソリューションを活用することで、若年層へのブランドコミュニケーション強化を図ることが可能です。