シニア世代に向けたTikTok体験セミナー「オトナTikTok」を開催!世代を超えたコ三ュニケーションが魅力

/ セミナー /

幅広い世代の方が「TikTok」に触れ、少しでも日々を健やかに楽しく過ごしていただきたいという思いから、ByteDanceがシニア世代を対象にした「オトナTikTok」セミナーを開催しました。
シニア世代のTikTok利用をさらに促進することを目的に、TikTokの面白さや使い方を紹介し、笑顔の絶えないセミナーとなりました。

“TikTok for Good”第一弾となる「オトナTikTok」セミナー

TikTokは、グローバルで展開するCSR活動の一環として、新たな試みとなる“TikTok for Good”をスタートしました。

TikTokをお使いいただいている各国における社会的な問題や課題に対し、TikTokを活用することでその解決に少しでも貢献するべく、NPOや政府機関、関係団体等と協力しながら、各国に根ざした様々なプロジェクトを展開していきます。

今回、 その“TikTok for Good”の第一弾として開催したのが「オトナTikTok」セミナーです。

「オトナTikTok」セミナーに最高齢90歳のシニアたちが集結!

 

 

ByteDance株式会社 執行役員・山口琢也が語るセミナー開催への想い

 

 

セミナー開催のご挨拶をしたByteDance・山口。「TikTokのグローバルの取り組みである“TikTok for Good”の中でも、今回はシニア向けプロジェクトです。日本では“人生100年時代”と言われています。より長くなった人生をいかに豊かに過ごせるかがさらに重要な課題になりますが、その課題解決にTikTokが寄与できないかと日々考えております」と語りました。

また、TikTokは気軽に情報発信ができるツールであることにも言及した山口は、「TikTokは、テレビコマーシャルと同じ”15秒”の動画が簡単に撮影できるアプリです。15秒は魔法の数字で、内容はしっかり伝わるが飽きないという絶妙な長さ。このセミナーの参加者様には毎日をより充実させるツールとしてTikTokを活用いただき、素晴らしい風景や趣味を発信していただきたいです。また、周りの人にも是非紹介してもらえたらと思う」と話しました。

パフォーマンス披露とTikTok講座に、みんなが熱中!

BAMBOO SHOOT」・「myunとyayo」によるパフォーマンス

挨拶の後は、シニアパフォーマーの「BAMBOO SHOOT」のダンスと、「myunとyayo」のライブに。

素晴らしいパフォーマンスで会場を盛り上げてくれました。

 

”ストリートダンス界の金さん銀さん”として有名な「BAMBOO SHOOT」のムッシュさん(写真左)とたちフラワーさん(写真右)

 


2人合わせて116歳!”天国に一番近いアイドル”として大人気のmyunさん(写真左)とyayoさん(写真右)

全員が熱心にトライした「TikTok」の撮り方講座がスタート!

 

 

今回のメインコンテンツであるTikTok撮り方講座。TikTokアプリのダウンロードやアカウント登録方法から、撮影や編集の仕方を説明しました。

 

 

今回のイベント参加者様は最高年齢90歳のシニア世代の方々ですが、もちろん全員スマートフォンを持参!

このセミナーに遠方からお越しいただいた参加者の女性にお話を伺ってみると、初めてTikTokを知った時は「若い子がダンスをするアプリ」だという印象があったので自分には向いていないと思っていたのだとか。しかし、TikTokのニュースフィードを見た時に習い事の様子を投稿している方がたくさんいるのを発見して、「私にも使える!」と思ったのだそう。

 

 

今回最高齢のご参加者様である伏見さん(90歳・写真左)は、新しいものが大好き。「他の人ができているのに自分にできないことはない」というお考えのもと色々なことにチャレンジしていて、最近ではVRに夢中なのだとか。今話題になっているTikTokを試してみたい!という思いから、このオトナセミナーにも参加してくださいました。「先日妻と行ったお遍路で撮影した写真を動画にして投稿してみたい」と笑顔で話してくださいました。

どうして「TikTok」を使うの?シニアの方へインタビュー!

本セミナーのパフォーマーや参加者の皆さんに、「なぜ、TikTokに注目し、利用しているのか」について伺いました。

myunさん・yayoさん

 

 

素敵な歌を披露してくださったmyunさんとyayoさん。

myunさん:私にとってTikTokは別の自分に変身できる場所。TikTokで動画を投稿するとすぐにいいねやコメントが付くんですよね。TikTokを通して別の世代とコミュニケーションが取れるようになってからは本当に世界観が変わりました。私と同じ世代の人でTikTokを始めている人、結構いますよ。

yayoさん:美肌効果があるので、カメラに映った自分が若々しくて綺麗に見えるのが嬉しいんです。自分の顔だけじゃなく、アウトカメラでお料理の動画を撮ってもお野菜や果物が瑞々しく写るのもお気に入りのポイントです。それに、いろんな世代の人と趣味を共有できるのでシンプルに楽しい。

実はお子さんから勧められてTikTokを既に始めているという2人。「#アイドルシャッター」などの人気ハッシュタグチャレンジにも挑戦されています。

「速く動いているように見えるけど、実はすごくゆっくり動いて撮影した動画の速度を倍に編集しているだけなので簡単」とTikTokを楽しんでいる様子を話してくださいました。

BAMBOO SHOOT(たちフラワーさん・ムッシュさん)

 

 

ダンスを披露してくださった「BAMBOO SHOOT」のお二人。myunさんやyayoさんのように、TikTokは「別の世代と繋がる楽しさ」があるのだそう。

たちフラワーさん:TikTokでは短い時間でさっと動画を作成できるので使いやすいです。それに、見ていて面白い動画がたくさんありますね。ダンスというデジタルネイティブ世代との共通の趣味があるので、コミュニケーションも活発に発生しています。

ムッシュさん:ダンス以外の趣味に熱中している人とも繋がることができるのが新鮮です。ダンサーの人とはちょっと視点の違うコメントをもらえるので常に新しい発見がありますね。

ちなみに、たちフラワーさんやムッシュさんの周りでは、新しいことにチャレンジしているシニアがすごく多いのだそう。仕事や子育てがひと段落したタイミングで、若い時には成し遂げられなかった夢や新しい世界が広がる趣味に没頭する方が増えているようです。

株式会社エクサネット 松延さん

 

 

シニアのコミュニティをいくつも立ち上げていらっしゃる松延さん。このセミナーの集客にご協力いただきました。

松延さん:TikTokは若者のものだと思っている人が多いようですが、今回のセミナーに伴ってシニアの方にTikTokの利用を呼びかけたら、たくさんの人が興味を持ってくれたんです。

シニアの健康寿命の延伸には、「人と繋って孤独にならない」ということが非常に大事です。TikTokを若い世代の文化だけで終わらせてはもったいない。だから、僕はこれからも周りの人にTikTokを勧めていきます。

TikTokが繋ぐ世代を超えたコミュニケーション

今回の「オトナTikTok」セミナーを通して、最高年齢90歳のシニア世代の方々が、TikTokを通じて世代を超えたコミュニケーションを楽しむ様子がとても印象的でした。若い世代だけでなく、シニア世代にも身近な存在になってきたTikTok。幅広い世代の方々の日常が、より一層楽しいものとなるよう、これからも取り組んでまいります。

幅広い世代が活用するプラットフォーム「TikTok」では色々なコラボレーションが可能です!

デジタルネイティブ世代だけでなく、今やシニア世代にもTikTokを活発に使う方が増えています。TikTokへの広告配信やコラボレーションイベントの開催にご興味がある方は、ぜひ本ブログのお問い合わせフォームからご連絡ください。